So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

大瀬でくみちゃんに再会 [ダイビング]

2018年1月21日(日) 大瀬 水温15℃

青海島でお世話になったくみちゃんが大瀬に来ていると聞いてりえさんと会いに行った。
大瀬館に何度も「くみちゃんいますか?」って訪ねて行ってご迷惑をかけました。
元気そうで何より。
くみちゃん.jpg


大瀬は何年振りかしら?マー坊は去年オープンしたCOCOMOさんを利用。
新しいから綺麗で広い。オープンテラスだからちょっと寒い。
大瀬.jpg

一本目は門下。
スロープは滑るし、海に入ったら石がゴロゴロでフィンを履くまでにかなり時間を要した。
激チビのイロケロは見つかったけれどオオモンには会えなかった。残念。
イロケロ.JPG

ボブサンを探すも見つからず。
ゴマフ.JPG
シモダイロ.JPG
オトメ.JPG

これはウミウシなのか?
ウミウシ.JPG

ハギ.JPG
ゴンベ.JPG
ヘラヤガラ.JPG

二本目は湾内。イバラタツがいるって聞いて行ってみたけれど見つかんない。そしたら直行してきた人が「ここ!」って教えてくれた。めちゃ分かりやすいところにいるじゃん。
イバラタツ2.JPG

タカクラさんもいらしたわ。
タカクラタツ.JPG

この海綿何か変、と思ったら海綿を被ったフクイカムリだった。
フクイカムリ.JPG

ウミテング2.JPG

マトウダイ.JPG
ホウボウ.JPG
ミノカサゴ.JPG

ガラスハゼ.JPG

ハタ.JPG

大島じゃ見ないエソ。
エソ.JPG

ゴンベ.JPG

サツマカサゴ.JPG

アカアシマシラヒゲ.JPG

クラゲ.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

成人の日 [ダイビング]

1月7日(日)、8日(月) 大島 水温15~17℃

1月8日までお休みの人が多いのかな?
トヨタ関連会社は1月7日までだって。
新幹線もジェット船もがらがら。
最後のお休みはお家で過ごすのかしらね。

去年まで18℃あった水温があっという間に2℃落ちて16℃。
寒いからハゼは出てないし、生物たちは寒すぎて生きていけない?
キンギョはビラビラ泳いでる、イサキはチビチビのままいっぱい。
イサキ.JPG

水温は例年通り落ちてきているのだけど今頃登場するお魚もいてどうなってんの?
マツバギンポのチビチビ発見。
マツバギンポ.JPG

ミカさんが教えてくれました。
オナガ.JPG

まだ頑張ってる子たち
ヤリカタギ.JPG
メガネ.JPG
サザナミ.JPG
クビアカ.JPG
カンムリベラ.JPG
オキベニ.JPG

スミレナガハナダイ.JPG
スジハナダイ.JPG

ミカさんがツルグエ!って教えてくれたけどあたしは残念ながら見れんかった。
何年ぶりだろうか?ツルグエ。

いけださんが見つけた激ちび(2cm、小林さんが測った)のオオモンケロ
オオモンケロ.JPG
オオモン3.JPG

どこかでチリンチリン鳴ってるんだけどあたしは関係ないや、と思ってたら小林さんが必死にあたしたちに知らせるベルだった。
藻が生えちゃってるよ!
ウミテング.JPG

誰かに教えてあげたかったのに、結局誰にも会わんかった。
ウミウシカクレエビ.JPG

クロヘリ.JPG
アヤタスキ.JPG
アオスジ.JPG

ニシキフウライがちっちゃくなった。いつの間にか♀が♂に変わってたんだって。
ニシキフウライ.JPG

フタホシキツネベラ.JPG

ミツボシがいっぱい。上手く表現できないけど。
ミツボシ.JPG

クマノミ.JPG
カサゴ.JPG

セホシウミタケハゼ.JPG
ウミタケハゼ.JPG

ブルーリング.JPG

カスザメ.JPG

イロケロ.JPG

キンチャクガニ.JPG
ヨコシマエビ.JPG
イソギンチャクカクレエビ.JPG
日曜日は晴れ!
秋の浜日曜日.jpg

土曜日は曇り
秋の浜月曜日.jpg

久しぶりに加藤さんが参加した南島館。
サンマは美味しいね。
サンマ.jpg
明日葉ハンバ.jpg
刺し盛り.jpg

〆は海鮮丼。
海鮮丼.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

Happy New Year 2018 in Mabul [ダイビング]

2017年12月30日 ~ 2018年1月4日 マブール 水温28~29℃

年三回行っていたマブール、ここ2年お正月しか行かなくなった。
sunset.jpg

連休が取れないのが一番大きな原因だけれど、マレーシア航空は次々と事故が起こってflightが減少。Tawauに行きにくくなったのもある。
フィリピンの海賊によるkidnappingが横行し、外務省が渡航中止勧告を発令し続けていて日本人は見かけない。海外生活中の日本人くらいしかあの辺りは行かない。
でも、行くとDive Crewが" Welcome back "と迎えてくれる。うれしー!
年に1回しか行かないとstaffが行くたびに変わっていて名前が覚えられない。ごめんね。

マブール最後の日、ローレンスがSea Ventureから来てるからとビーチバーで6時から飲み始める。
日本に来るらしい。
beach bar.jpg

ご飯食べた後はジェティ―でパーティーをTonyが開いてくれた。
daining.jpg

Full Moonが宴を演出。
衝撃だったのがあたしが初めてシパダンに来たのが1995年だと言ったら、「まだ生まれてない!」という子が4人。えーーーー!!!!
full moon.jpg
jetty.jpg

12時にアルコールがなくなってお開きになったが、4人が残ってビーチバーで飲みなおし。
Sipadan Songを歌いながらジェティからビーチバーへ。今回は大みそかパーティーでSipadan song歌わなかったんだよね。ちょっと寂しかった。
ビーチバーではカタザンの歌を歌ってくれたし楽しかったわ。
久ぶりに2時まで飲んだ。あたしはあんまり飲んでないけど。
みんな若いよね。翌日ちゃんと朝から仕事してた。

DM.jpg
Villyと。
Villy.jpg

DM2.jpg

マブールはとにかく中国人以上90%。まだまだバブルははじけていないらしい。
台湾や香港からくる人たちは以前からダイビングを楽しみに来ているのだけれど、大陸から来ている中国人はダイビングが金持ちのステータスになっていてダイビングをするために来ていない。今年は特にそう思った。
とにかくずっとモデル張りにポーズをとってパシャパシャあちこちで写真撮影会。
CM撮影か!と思うくらい。
シパダンに行ったとき、Sabah Parkのサインをするためにボートを降りてからJettyでずっとパシャパシャ撮影会。やっとサインしてボートに戻りブリーフィング後セッティングまでにトークと撮影会に20分、ダイビング30分、島に戻ってsurface time 1時間はcoffee breakなのだけれどずっと撮影会。水中でももっぱら生物を撮るのではなくてポートレート。ギンガメとか興味がないらしい。
そしてカメラを落としちゃったりしてDMはそのたびに探してお世話が大変。器材はどっかいっちゃうし壊れちゃうし、Big problemなのだ。

もう一つ問題。
おそらくillegalのFisher Manが中国人を狙って魚を売りに来る。リゾートの敷地外で売るのは構わないのだけれど、部屋の前まで来ていた。
あたしも見てくれが中国人だからハロハロハロって寄ってきてカニやシャコ、ウニを見せてきた。いくら?って聞いてみたらカニ5杯で3000円くらい。小さなカニでウニなんかもめちゃめちゃ小さい。ぼったくり。それでも中国人たちは買って、しかもキッチンで調理料もいくらか払って夕食に出してもらうのがステータスなんだって。
しかしながら、kidnapは海賊がリゾートに内通者をおき、金持ちそうな中国人を狙って発生している。漁師も海賊を手引きしかねないじゃない。と思うと恐ろしくて恐ろしくて。もちろんクレームしました。

今回はずっと寝不足。
成田発10時40分のマレーシア航空に乗るために三河安城から新幹線ではなくて0時前発の夜行高速バスで東京駅に出た。4列シートの激狭で全く寝られず。
その後、大みそかパーティー、翌日は10時に寝たけれどその翌日は2時まで。そして夜行flightで成田に帰国。

Mabul Resortのswimming pool
pool.jpg

MabulからSipadanを望む。
sipadan2.jpg

大晦日のサンセット。2017年最後の夕陽
初日の出.jpg

Sipadan
sipadan.jpg
四パ段.jpg

いつもSipadanに行くと会うんだ。ハッサンきれいね。
ハッサン.jpg
こんかいのSipadanはSchool of Balaccudas とBumphead見てない。
フチドリハナダイ見てない。ハナゴンベ見てない。
Whale Sharkを見損ねてた!がっかり。

ローランド.JPG
スズメ2.JPG
スズメ.JPG
クロオビ.JPG
アンボン2.JPG
1スズメ.JPG

スミレ2.JPG
スミレ.JPG

リングアイ.JPG
べにはぜ3.JPG
ベニハゼ2.JPG
ベニハゼ.JPG
ヒメニラミ1.JPG

セホシウミタケ.JPG
ウミタケ.JPG

イソハゼ.JPG

ベラ.JPG
ピンクフラッシャー.JPG

イロブダイ.JPG

アオマスク.JPG

エミリじゃないとGobyは見つからない。
アケボノ.JPG
ヤノダテ.JPG
ニチリン.JPG
ダテハゼsp.JPG

オドリハゼ.JPG

トゲウミウシ.JPG
ウミウシ2.JPG
ウミウシ.JPG
ミゾレ.JPG
ウミウシ3.JPG
ウミウシ4.JPG
ウミウシ5.JPG
ウミウシ6.JPG

ハダカハ.JPG
オオモン2.JPG
オオモン.JPG
ニモ.JPG
ナポレオン.JPG
テグリ.JPG
クダゴン.JPG
イエローフィン.JPG

ロブスツァー.JPG
ブルースポットレイ.JPG
イカ.JPG
チンアナゴ.JPG
シンジュアナゴ.JPG

サクラコシエリ.JPG
バブルコーラル.JPG
オラウータン.JPG


ハナゴイ.JPG
キンギョ.JPG
ツバメ.JPG
ギンガメ.JPG
カメ.JPG

このケヤリお気に入り。
花.JPG

ウルトラマン.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

秋の浜ブルー [ダイビング]

12月23日(土)天皇誕生日、24日(日)大島 水温17~18℃

「クリスマスって何?美味しいの?」ってあたしたちには忘れられた存在である。
大島にはクリスマスらしいデコレーションはないしイルミネーションも見なかった。
一部キラキラをつけてるお家があるらしいけど。クリスマスの雰囲気はどこにもなかった。

お天気はいいし海の中は透明度がいいし、特に日曜日はブルーだった。
天気予報は通り朝は曇っていたけれど次第に晴れてきて明るかった。
ダイバーがどこにいるか遠くからでもわかっちゃう。
日曜日.jpg

土曜日は富士山が見えた。
土曜日.jpg

水温は徐々に下がっているものの、まだチビチビがいますねぇ。

アサヒの根にもヒオドシベラがいたの。もっと探せばいるかもね。
ヒオドシアサヒ.JPG

これはキワの子
ヒオドシキワ.JPG

大沼さんが「ホタテ出てる!」って水中でライトグルグル回して教えてくれて(遠くても透明度が良かったので進路変更は簡単だった)、急行したらサークル外にお出まし中。水温が下がったせいか出現率が悪いらしい。
あたしは待ちきれず脱退したけれどこの後鰭をバシバシ広げてたらしい。
ホタテ.JPG

ハイブリッドのヤッコを探したんだけど見つけられず(探してる場所が違ってたし)、シテンヤッコのみ。
シテン.JPG

サザナミヤッコは成長したんだって。
サザナミヤッコ.JPG

地球温暖化で水温が下がらないからか、サンゴがどんどん増えてる。
そしてコバンハゼたちが住み着いてるの。小さいしちょろちょろしていてとても撮れない。
コバン.JPG

フタスジ.JPG

今回も挑戦。セアカコバン。
セアカコバン2.JPG
セアカコバン.JPG

カンザシヤドカリが今年は当たり年であちこちにいる。
ニシキもいるよ。
でも、水温が下がったからか顔出してないみたい。
ニシキカンザシ.JPG
カンザシ.JPG

最後の最後に佐野さんが見つけてくれた。
カンナ.JPG


ハタタテハゼもまだ健在
ハタタテ.JPG

クロイトハzデ.JPG
クビアカ.JPG
ガラスハゼ.JPG

フタイロ.JPG
ヤリ.JPG
ゴマチョウ.JPG

デルタ.JPG
メガネ.JPG
クロメガネ.JPG
ミヤコキセン.JPG

ミヤケ.JPG

フタホシ.JPG
カンムリベラ.JPG
ブダイベラ.JPG
クロヘリイトヒキベラ.JPG

ベニケロ.JPG
イロケロ.JPG

アカオビコテグリ.JPG

タテガミカエル.JPG

ヨコシマエビ.JPG
イソギンチャクカクレエビ.JPG
アカホシ.JPG
アカスジモエビ.JPG

ショッパチー.JPG
イサキ.JPG

アサヒの根に行く途中の中層で発見。ベニクラゲ。
ベニクラゲ.JPG

夜は女子会 at 南島館
落花生はやっぱり美味しい。
茹で落花生.jpg
刺し盛り.jpg
キヌサヤ.jpg
あまっこ.jpg

隣で飲んでた泉津の人たちが食べきれなかったクサヤをくれたんだけど、本物のくさやであたしはちょっと苦手。タカベのくさやは頭からバリバリ食べられて浅漬けだから大丈夫。
クサヤ.jpg

最後はキムチ鍋で〆はうどん。
キムチ鍋.jpg
キムチ鍋後.jpg
うどん.jpg


日曜日はぶらっとハウスで農業祭?豚汁サービスがあった。
具がいっぱいでとっても美味しかったわ。お腹いっぱい。
トンジル.jpg


隣の空港に降りるセスナ。
着陸.jpg

久しぶりに元町港でアイスクリーム屋さんに行った。
のりアイスがあったんだけどテイスティングさせてくれてノリはノリで食べた方が美味しいのでやめた。それで焼き栗アイスにしてみた。
焼き栗.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ドライ大水没の巻 [ダイビング]

12月9日(土)、10日(日) 大島 水温18~20℃

どぼん!と海に入ってすぐに右後ろファスナーからチュルチュル!と海水が入ってくるのがわかった。
上がっても代わりのドライがあるわけでないし潜っちゃえ!GO!!
水温がまだ高かったからすぐに寒くならなくて浅いところに戻ってきた30分ごろから濡れている右腕が冷えてきた。減圧が出てたから消えるまで待って柳さんにお知らせ。
「水没してるから上がりたい」とスレートに書いたらエ!って顔された。結局46分潜ってたわ。
上がってから右手首のシール部分を広げたらじょぼじょぼーーーって水が出てきた。半端ない量入ってんじゃん。右半身は足まで濡れてる感じ。来てた服が全部水を吸ってくれたから足には水が溜まってなかった。
半年くらい前からファスナーが割れてる箇所があって、今までは何とか上手に締めてもらっていたらしく水の侵入はなかったらしいが、今回は無理矢理締めて隙間ができてたみたい。お店に帰ってからファスナーを開けようとしたけど開かなくて、はさみで切ってもらった。
新しい服に着替えて、濡れた服は洗濯して脱水して干して、インターバルはそれで終わってしまった。
2本目はレンタルドライ。今度は入ってすぐに水が入ってくる感覚はなかったけれど上がってから見たら右脇の下が濡れてる。どうやら排気バルブかららしい。
あん!また乾かさないとダメじゃん!お天気が良くてよかったわ。洗濯した服が乾いてたからそれを着て宿で濡れた服を乾かす。明日までには乾くでしょ。
本日、昨日とは別のドライをレンタル。首と手首を替えたてほやほや。
大きさは丁度いい!でも、手首はよかったのに首がゆるゆる。これじゃあ水が入ってくるからってネックバンドがなかったので首にマスクのストラップを巻いてみた。首輪みたいで犬になった気分。
入ってすぐにまたちょろちょろ海水が入ってきた。左腕から。
最初は首かな?って思ったけれどやっぱりバルブから。AUTOになっていたからかな?と思ってLOCKにしてみた。昨日に比べたらかわいい量だったからそのままGO!
上がってみたらやっぱり排気バルブからだった。
また乾いた服に着替えて濡れた服を干してインターバル終わり。
今度は最初からバルブをLOCKにしてみよう、ということでレンタルドライの水没チェック。
入ってくる感覚はなかったけれど濡れてる感じはあった。上がって見たらやっぱりバルブから入って右腕が濡れてたわ。どれもこれも排気バルブがおかしくなってるのね。
今回はドライ水没→お着換え→洗濯→乾燥→お着換え→水没のループにはまったらしい。忙しかったわ。
ファスナー壊れたドライはmicへクロネコで発送。

今日は気合を入れて何年振りかで遠出をしてみたけどマララはいなかった。折角行ったのに何も目に入ってこず。
アサヒちゃんはすぐ隠れちゃうし。
アサヒハナゴイ.JPG

フカミスズメ.JPG

まだヒオドシちゃんはいました。
ヒオドシ.JPG

今年はヤッコが少ないねぇ、なんて言ってたらトサヤッコ超かわいい。
トサヤッコ.JPG

有馬君が教えてくれたニシキフウライはデカデカ。どこから流れてきたのかしら?
ニシキフウライ.JPG

ヒメモチノウオ.JPG

小林さんに教えてもらって追いかけ始めて、一旦見失って次に見つけたらちょっとおっきくなった?と思ったら2個体いるんだって。
イトヒキベラ1-2.JPG

今年は海の中が未だに秋っぽい。
ゼブラハゼやクロユリハゼのちっちゃいのがいるの。
ゼブラ.JPG

ようやく本日会えました。ホタテくん、小さくなったサークルにも入ってない。お引越し好きらしい。
ホタテ.JPG

セアカコバンは顔出してくんない。

カスリフサカサゴ、激カワ。
カスリフサカサゴ2.JPG

サンゴが増えてるのは水温が上がってるからだろうか?
フタスジ.JPG

セホシウミタケ.JPG

ヤリカタギ.JPG

オトメ.JPG

ワラスボ.JPG

イロケロ.JPG

モエビ.JPG
マルガザミ.JPG
アカホシ2.JPG
アカホシ1.JPG

このイサキがくさやになるのかな?
イサキ.JPG

カスザメショーにはならなかった。
カスザメ.JPG

ヒラメ.JPG

土曜日も日曜日も比較的穏やかな秋の浜でした。
土曜日.jpg
日曜日.jpg

夜は南島館。
島の人たちで満席。賑やかだった。
小林さん曰く「スナック」のくさや。頭からバリバリ食べれる。
イサキのクサヤ.jpg

キヌサヤ.jpg

明日葉の天ぷら.jpg

キムチ鍋はいっぱい入れてくれてる、ありがとう。
キムチ鍋.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

梯子の救世主 [ダイビング]

11月18日(土)、19日(日) 大島 水温19~21℃

日曜日の朝、お店に行ったらまさかの秋の浜潜れないんじゃない情報。
天気予報では西風うねり2.5m、西側はざっばーんって波が砕けていてこりゃダメだねぇ、なんて言ってたけれど秋の浜は大丈夫と高を括っていた。
秋の浜を見に行くとザバーーーン!白波が砕けてる。
秋の浜日曜朝.jpg

ちなみにこれは野田浜。
野田浜.jpg

無理をしたら潜れるけれど、楽しく潜れないならやめましょ、が最近のダイビングスタイル。
しばらくしたら落ち着いてくるでしょう、と予想の元、様子を見ることに。
待ち時間にぶらっとハウスへ。9時開店で5分前に行ったらすでに開店待ちの人がいましたよ。
お目当ては南島館で食べた大粒の落花生だったんだけどなかった。がっかり。
Island kitchenのパンを買いました。東京値段。美味しかったぁ。
もーもー.jpg

ぶらっとハウスの扉にいたナナフシ
ナナフシ.jpg

10時半に秋の浜へ行ってみると朝のザバーーーンはなくなり、冬の秋の浜のバシャバシャ。潜ってみよっか。
秋の浜昼.jpg

今シーズン久しぶりのバシャバシャだから緊張してたようだ。事件が起こった。
フィン履いてマスクつけてレギをくわえてぴょん!て飛んだ時、「あ!バルブ開けてない!」と気づいたけれど時すでに遅し、ドボン!海に入った。試しに吸ってみたけれどエアは出てこない。あーあ、やっちゃった。水面に出て上を見たら人がいたので梯子に戻って「開けてぇ」とお願い。梯子からエントリーする小林さんが降りてきてくれてタンクオン。みかさんが水中で待っているから急いで潜降。
この後、再び梯子に小林さんに助けを求める人が来ていたらしい。あたしがこのことを知ったのは海から上がってからだから。
その人は「閉めてぇ」、あたしと逆。ドライのファスナー全開で飛び込んだんだって。水温が高くてよかったよぉ。ずいぶん水が入ったみたいだけれどそのままガイドしてた。お店に帰ってからドライをひっくり返したらザバーって海水が出てきた。よく泳いでたね。
小林さんはエントリー前に2人も梯子で救ったのさ。開けたり閉めたり。お世話様でした。
水中から見ていたみかさんは、何で次々小林さんのところに行くのかしら?何かいいものがいたのかしら?って思っていたらしい。

久しぶりの秋の浜は11月中旬なのに温かかった。20℃あるの。いろんなお魚もいて楽しい。
土曜日は曇りだったけれど秋の浜はとても穏やかだった。
秋の浜土曜日.jpg

黒潮が近づいてた10月まで、透明度が良くて温かくてお魚もいっぱいだったらしい。
台風が2つ来て黒潮が離れて透明度が悪くなり、ネタも少なくなってきたって。
でも、透け透けヒオドシベラがいらっしゃったりしてるから、まだまだいけるんじゃない?て期待してるわ。
ヒオドシベラって水玉でかわいいのね。
ヒオドシベラ.JPG

極小パンツくん
パンツ君.JPG

ノドグロベラ.JPG
トカラベラ.JPG
カンムリベラ.JPG

アケボノハゼはペアなんだって。あたしが到達したときは一匹引っ込んじゃってた。
アケボノ.JPG

ハタタテハゼ
ハタタテハゼ.JPG

クビアカ.JPG

サンカクハゼ.JPG

ベンケイ2.JPG
ベンケイ.JPG

オキベニ.JPG
イソハゼ.JPG
ガラスハゼ.JPG

スズメ祭りだね。例年よりチビチビが育っているみたい。
タイワンスズメ。リュウセイ説があったらしいけどみかさんが「タイワン」と認定。
タイワン.JPG

大島で見るセダカは半分白っぽいんだけどこの子は黄色いの。こないだ屋久島で見た子もこんな色合いだったから南から来たのかしら?
セダカスズメ.JPG

メガネ.JPG
クロメガネ.JPG

フカミ.JPG

シロボシ大発生。アサヒがちらっと写ってるの。
アサヒとシロボシ.JPG

大沼さんご案内のハダカハオコゼ。ウネウネの浅場であたしも揺れるしあなたも揺れる。
ハダカハオコゼ.JPG

このオオモン、大きくなったんだって。動くので探すの大変。
オオモン1.JPG
オオモン.JPG

ツノダシ.JPG

クリアクリーナー.JPG

これまた南島館が久しぶり。いつも美味しいよぉ。
チビタカベのくさや。臭いけど美味しい。頭から尻尾まで全部いただきました。
タカベのくさや.jpg

隣のグループが食べていて美味しそうだったのでオーダーした明日葉天ぷら
明日葉天ぷら.jpg

明日葉のり.jpg

刺し盛り.jpg

インカ.jpg

寒くなってきたのでキムチ鍋。
キムチ鍋前.jpg
キムチ鍋後.jpg

〆はご飯ではなくてうどん。It's new!
うどん.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

釧路グルメの旅 with シャチ [旅]

11月3日~5日 釧路

今年は3.5日のお休みをいただいて釧路へ。
釧路のMOO
MOO2.jpg

修学旅行の学生でJALはいっぱいだったのでANA、AIRDOに初搭乗。
AIRDOはJTAみたいなものらしい。「北海道の翼」って言ってたから。
Bear Doっていうくまさんのキャラクターが激カワ。
Aircraftのbodyにpaintされてたり、ブランケットについてたり、バスケットについてたりso cute!!
ベアドゥ.jpg

去年は全くシャッチーに会えなかったので今年は期待!していたのだったが、会えなかった時にがっかり感が増すことがないように考え方を変えよう、そう、釧路には美味しいものを食べにきていてシャチはおまけ、なんて話をしていた。

しかし、今回は初日に何とか会えました!パチパチパチ。
出港して1時間も経たないうちに発見!というか、まずは一番確率の高いロケーションに行ってみるらしい。
でも遊んでくれずさようならぁ。
シャチ1-1.jpg
シャチ4-1.jpg

もうクリスマスだねぇ
クリスマスツリー.jpg

2日目は風雨が強くて欠航。3日目は出港したけれど何にも遭遇せず。ミンククジラを船長だけ見た。
今回は3日間で1日の数分だった。

とにかく初日から時化ていてブスコパンを飲んだものの効果がなくvomit。胃が痙攣して何度も何度も戻していたらそのうち副作用の眠気に襲われて後方デッキでゴロンと横になったら吐き気が止まった。
横になっていれば平気だった。やはり船酔いは横になるのがベスト、王道だった。
なので3日目は揺れ始めたら横になったのだけれど、揺れに慣れたのか最初のうちは起きていてもvomitしなかった。船長としばらくお話ししていられたし。船長のお話、シャチや鳥の話が興味深くて色々きいちゃった。羅臼にぜひ行ってみたいんだけどアクセスが釧路みたいによくないし、来年は2ヶ月間NHKがチャーターだって。再来年かな?
はまなす.jpg

そう、釧路グルメの旅だったわね。
釧路はお魚が激うま!北海道内でも屈指のお魚らしい。炉端の発祥は釧路っていう説あり。
そのお魚を求めてシャッチーもやってくるらしいけど、もうお魚がいなくなってシャッチーたちは移動しちゃったのかな?釧路の漁は10月でおしまいなんだって。

1日目の夜は人気の居酒屋、煉瓦。一昨年はいっぱいで入れなかったんだよね。
ししゃも.jpg

この日の夜は霧がかかって幻想的だった。
釧路川.jpg

そして2日目は船が欠航だったためドライブに参加。
その前に市場内にある魚醤ラーメンで「ここでしか食べられない」と言う「エビ醤ラーメン」。
エビの味がして美味しかった。ラーメンを細麺か太麺かチョイスできる。あたしは細麺好き。
エビ醤ラーメン.jpg
魚醤ラーメン.jpg

何せ釧路ツアーは3日間あっても悪天候で1日はもれなく欠航になるため毎回ドライブしているらしい。あたしはツアー参加3回目で去年は1日参加(24時間滞在していない)だったので一昨年の動物園しか経験していないが、皆さんはいろんなところに行っていらっしゃっるようだ。今回は霧多布湿原。最初に訪れた霧多布湿原センターがよかったわ。
湿原センター.jpg
お土産ショップで心をつかまれた。置いてあるモーモーさんクッキーは激カワ。テンションが上がった。

2階には木製のおもちゃがいっぱい。子供みたいにはしゃいで遊んでしまった。
魚釣り.jpg
潜水服も展示されていた。
潜水服.jpg

3階はやちぼうずカフェ。湿原を眺めながらお茶できる。無料の望遠鏡があって湿原を観察。
霧多布湿原.jpg
なんか動いてる!鹿じゃない?鹿だ鹿、鹿がいっぱい!白鳥もいる、白鳥もいっぱいいる!おばちゃんたち大興奮。運が良ければ鶴が見られる、と言われたけれど見つからんかったわ。
カフェであたしは昆布シフォンで他の人たちは鮭カレーパン。そして瓶入りの牛乳。懐かしい。
コーヒー牛乳&昆布シフォン.jpg
きりたっぷカフェ.jpg

ちょっとだけ湿原を散策。
やちぼうず小道を通ってやちぼうずを見た。
やちぼうず小道.jpg
やちぼうず.jpg

帰りに寄った森高牧場のお店でソフトクリーム食べた。EXILE男旅 2017.11.1ってサインがあった。最近じゃん!でも誰かわからん。
森高牧場.jpg
EXILE.jpg

夜は毎度行っているひょうたんへ。入れないといけないから車の中で予約の電話してから行ったんだけどこの日はあたしたちだけだった。
相変わらずのおかみさん、ししゃもを頼んだら「まだ美味しくないよ、去年ものならあるけど食べる?」って。じゃあやめときます、ってなるよね。
定番の鯖。
鯖.jpg

メンメは金目鯛。皮まで美味しい。
めんめ.jpg

ハタハタ
ハタハタ.jpg

仙鳳趾牡蠣が一番美味しい説あり。
仙鳳趾牡蠣.jpg

大正メークインはおかみさんのおすすめ。
メークイン.jpg

なおさん、これで〆る。もっちもちで美味しかった。
いもだんご.jpg

ホッケはお腹がいっぱいで食べられなかった。
ホッケ.jpg
ひょうたん.jpg

いりさんが気になってると言って行ってみた東横インの隣にあるカフェとバル・Repas。祝日のお昼はシエスタでテイクアウトのみだったので豆乳ラテをお持ち帰り、おいしかった。今度はランチに行こうね。
バル.jpg

釧路川に架かる幣舞橋に4体の女性の像、春夏秋冬があって皆さん写真を撮ってらした。日本を代表する彫刻家による像らしい。春と夏は撮ったけれど秋と冬は道路の反対側だったので撮らんかった。来年撮ろう。
春子さん
春.jpg
夏子さん
夏.jpg

釧路空港の鶴
鶴.jpg
フクロウ
ふくろう.jpg
くまさん
くま.jpg

シャチと鶴
アイヌ.jpg
トウ.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

抜群の透明度!屋久島、運よくHⅡAロケット発射見ました。 [ダイビング]

10月8日(日)、9日(月) 屋久島 水温26~28℃

HIIA.jpg
10月10日(火)、7時1分に種子島宇宙センターからHIIAロケットが発射される、と前日の夜に聞いた。種子島は屋久島の東隣。当日の朝、宮之浦港までてくてく歩いて行き、種子島方向の東を向いた堤防に座り込みYoutubeでLiveを見ながらその時を待った。太陽が眩しくてよく見えないよぉ、と思っていたら赤い火が見えた!漫画のようにあっという間に上がっていくのではなく、眼で追えるスピードで天に昇って行った。途中、雲の中に入ったみたいで全く見えなくなり、そのあと白い軌道だけ。
しかしながら、港で打ち上げを見ていた人はもう一人カメラを持ったおじさんと出勤してきたと思われる作業の人だけ。島の人にとっては年5回くらいあるイベントで珍しいことではないらしい。今回はon timeだったけれど大抵何か不具合で打ち上げが延期する事が多いし、平日の朝7時は忙しい時間。観光客しか見に来ないよね。

宮之浦.jpg

観光客と言えば、いつも泊まっている海星さんは最近外国人のお客さんが多くて、英語、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語だったかな?の案内を作っていて、" How to use Futon" なんてイラスト入りの張り紙がしてある。お母さんは片言だけど英語で話せるようだしすごいなぁ、と感心。
以前から外国人は多かったけれど、海星には泊まってなかったからね。今回も中国人とフランス人が泊まっていて、これから香港の人とアメリカ人が来る、ってお母さんが言ってた。Wi-Fiがあってネットが出来るし近くにスーパーがあるし港から近いし、いいお宿なんだよね。

屋久島の海はやっぱり透明度がいい。30m以上は見えるから晴れていると下の方も明るい。
水温が高過ぎてサンゴやイソギンチャクが白化している。photogenicなんだけどね。
クマノミピンク.JPG
クマノミ.JPG
カンザシ.JPG
タテジマヘビ.JPG
イシガキカエル.JPG


1日目は乙瀬はうねりがあってバシャバシャしてて、見たかったシシマイちゃんはとても無理。残念。
あまり行かない観音の方が静かだった。灯台を越したあたりにイルカがジャンプジャンプ!クルクルクルクル廻ってた。餌の魚がいるのか観音に行く時も、帰る時も同じところにいた。
灯台.JPG

目的はシコンハタタテ
ヘルフリッチ.JPG

ホタテ.JPG

ベニヒレ.JPG

オキナワサンゴアマダイとオヨギトラギスがいっぱい。
オキナワサンゴアマダイ.JPG
オヨギトラギス.JPG

ヤマブキは屋久島では珍しいらしい。
ヤマブキ.JPG

ミヤコキセンかと思ったらイチモンだって。
イチモン.JPG

ヒナギン.JPG
ギンポ.JPG

ピグミー赤.JPG
ピグミー黄.JPG

オキベニ.JPG

オグロブダイ.JPG

アシビロサンゴ.JPG

水面近くではギンユゴイが舞っていた。
ギンユゴイ.JPG

ホシベニサンゴ.JPG

1日目の3本目と2日目は一湊。月曜日は連休最終日なのにトッピーで帰る人が多いのか、それとも今日もお泊りなのかダイバーがいっぱい。うねりがまだとれず、体験ダイビングの人たちがビーチからエントリーしていた。
一湊.jpg

ツバメちゃんは近づいてこなかった。一匹だけニャンコのように群れから外れて近づいてきたので「お仲間はあっちよ」と教えてあげた。
ナンヨウツバメ.JPG
ツバメ.JPG

ムレハタタテ.JPG

アザハタ.JPG

アオスジ.JPG

フタイロ.JPG
カシワ.JPG
ハナゴン.JPG
スミレ.JPG

ロクセンフエダイ.JPG

ヤイト.JPG

以前、柏島でまっちゃんが呼んで見せてくれたかっこいいスズメ。その後全く出会えなくてどこで会えるのかと思っていたら屋久島では珍しくないらしく、永田でも一湊でも会えたわ!波通しのよい岩場の浅いところにいるんだって。
イソスズメ.JPG

シリテンスズメとオヤビッチャの見分け方は体全体が黄色っぽいのがシリテン、背びれの方だけ黄色いのがオヤビッチャ。黄色くないのはロクセンスズメ。
シリテン.JPG
オヤビッチャ.JPG
ロクセン.JPG

ヒメスズメ.JPG
ヒレグロ.JPG
アサド.JPG

屋久島ではヒレネジ、ネジリンは珍しいんだって。
ヒレネジ.JPG
ハチマキはいっぱいいるらしい。
ハチマキ.JPG

ここに行った目的はホタテツノハゼsp探し。
ハゼ.JPG
SP4.JPG
SP3-2.JPG

ホシゾラ.JPG
オドリハゼ.JPG
セホシ.JPG

ベラの放精・放卵があちこちで見られた。水温が高いためなんだって。
トモシビ♂.JPG
ベラ♀.JPG

ニシキベラ.JPG
ツキノワ.JPG

オグロブダイ.JPG
イロブダイ.JPG


タテキン.JPG
サザナミ.JPG
ジョー.JPG
カエル.JPG
エリグロ.JPG

ヤクシマカクレ.JPG
ナマコマルガザミ.JPG
スザク.JPG
アカホシ.JPG

パイナップル.JPG
キカモヨウ.JPG
キイボ.JPG

ヨダレカケは水際にいてなかなか見られないらしい。
ヨダレカケ.JPG

一湊の船長が釣った首折れサバ。お刺身になった首折れサバしか見たことなくて「首を折ったサバ」を初めて見た。水揚げしてすぐに首を折って氷で〆るんだって。新鮮でないと足が速いので食べられないサバ。九州でしか食べないよね。
首折れサバ.jpg
首折れサバ2.jpg

若大将で大サービスしてくれた刺し盛り。ここでも首折れサバ。
この後歯鰹の横に本鰹置いてくれたの。ありがとう。
若大将.jpg
ジュディ・オングと言って分からない世代がほとんど。トビウオ
とびうお.jpg

最近人気のパノラマ。ちょっとおしゃれ。
パノラマ.jpg
地元野菜
屋久島産野菜.jpg

旅先で神社を参拝するのが常になっていて、屋久島に行くようになって10年以上経って初めて海星に隣接してると思われる益救(やく)神社へ。登山前に安全祈願に訪れる人が多いみたい。朝ご飯前に行ったので誰もいなくて静かだった。
益救神社鳥居.jpg
益救神社.jpg
仁王.jpg

屋久島行くときに飛行機から見た開聞岳。
開聞岳.jpg

スカイくん。
スカイ.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

流木テロ!! in 柏島 [ダイビング]

9月23日(土)、24日(日) 柏島 水温23~28℃

一週間前に宿毛に上陸した台風18号。

台風で川から海に流され沖で停滞していた流木が北寄りの風で島に押し寄せてきた。
港を出てすぐに木がいっぱいでボートを走らせられない。テロだテロ!
水面に出て浮いている木は見つけられるけど、ほとんど潜ってしまっている大木は要注意。
後浜はゴミの山になっていた。

水中から見た流木。魚が集まってた。
流木.JPG

今シーズンの柏島はspecialがなかなか出ないらしい。透明度が良くて水温が高くてコンディションはいいはずなのになぁ。
9月ならチビチビがいっぱいなはずがスズメのチビはクロメガネを見かけたくらい。台風で素敵なものが流れてきたに違いない、と思ったら目につかないだけなのか見つからない。

マダラトビエイ、2枚泳いできた。1枚はどこかにいってしまった。


アカボシ.JPG
オッシャレ.JPG
スミレ.JPG
バラハナ.JPG

ツキノワ♂.JPG
ツキノワ♀.JPG
クジャク.JPG
ハコベラ.JPG
ナメラ.JPG

スジクロ.JPG
アケボノ.JPG
ハゼ.JPG
ナノハナフブキ2.JPG
ナノハナ.JPG
ヒレネジ2.JPG
ヒレネジ.JPG
オニハゼ.JPG

ナガシメ.JPG

アカスジ.JPG
セホシ.JPG
ガラスハゼ.JPG
コバンハゼ.JPG

クロメガネ.JPG
ハクセン.JPG

オヤチャッピー.JPG

チョウチョウウオのチビはちょっとだけ
ヤリカタギ.JPG
ミカヅキ.JPG
アケボノチョウ.JPG

チョウチョウウオの大群
チョウチョウ.JPG


ピグミー2.JPG
ピグミー1.JPG

ホホスジ.JPG

アミメハギ.JPG
ヒレナガハギ.JPG
ソウシハギ.JPG

ミヤケテグリ.JPG

マツバギンポ.JPG
マダラギンポ全身.JPG
ニラミギンポ.JPG

マルクチヒメジ.JPG

ツバメ.JPG
サザナミ.JPG

ハナヒゲ.JPG

ホヤカクレエビ.JPG
バサラ.JPG
ヒメイソギンチャク.JPG
イソギンチャク.JPG
クリアクリーナ.JPG
キンチャクガニ.JPG
キンチャクガニ小.JPG
カニ.JPG
スーパーちび・イソバナガニ
イソバナガニ.JPG

ウミウシ.JPG

カマス.JPG

後浜のサンゴはすごい。
後浜.JPG

土曜日は北西の風でバシャバシャ
土曜日.jpg

ピーちゃんと散歩に行ったら大きなキノコがあった。ピーちゃんすごいにおい嗅いでたわ。
キノコ.jpg

日曜日は晴れると思ったらどんより曇り空
日曜日.jpg

いつも大和屋さんで勝手にさせていただいて、本当にありがとうございます。
夕食.jpg
朝食.jpg

土曜日のランチ
らんち.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ハラハラ・ドキドキ奄美の旅 [ダイビング]

9月16日(土)~18日(日) 奄美 水温28~29℃

当初、台風18号は上海に行ってしまう予想だったのに、先島諸島で進路を西から東に方向転換、くるっと回って日本列島に来ちゃう予報に変わって、お天気予報やニュースで「三連休は台風に警戒してください」ってずっと言ってんの。えー、そんなぁ。飛行機さえ飛べばOK, Go!
連休初日、土曜日のフライトは早割でも普通運賃とあまり差がなくて超高く、より安い金曜日の夜に鹿児島入りして土曜日の朝一のフライトで奄美に渡るスケジュールにしていた。
台風で行けないことを想定して荷物は送らず持っていく事にしていたので金曜日は大荷物で出勤。
そしたらお昼にANAから「天候調査中、17:55に決定します」てメールが来た。フライトは18:30なので空港に行かなきゃ間に合わないじゃん。
仕事を16時過ぎまでして電車に乗るころ「条件付き運航になりました。鹿児島空港に着陸できない場合は名古屋に戻ってくるか福岡に行き先を変更します」てメール。
名古屋に戻ってくるならまだしも福岡に行かれても困るんですけど。。。。。
と思いながらセントレアに到着し、まずANAのカウンターに行って状況を確認。メールの内容と同じ回答だった。もし、今キャンセルすると払い戻しはいくらになるか聞いてみたら往復で予約していなかったが往路、復路とも全額払い戻してくれるという。「ちょっと考えます」と言ってANAを後にしてJALのカウンターへ行き、明日鹿児島から奄美に行くフライトの状況を聞きに行った。
JALのWebで確認したらその日の鹿児島・奄美便はすべて条件付きになっていたので台風が近づいてくる明日も条件付きになる、最悪欠航になる可能性もある。親切なJALのグランドスタッフのお姉さんが鹿児島に電話してくれて状況を確認してくれた。金曜日はすべての便が到着しており、明日は条件付きに今のところなっていない、と。奄美に行く便が出るのなら鹿児島へのフライトに乗ろう、と決心してANAにチェックイン。JALのお姉さんの神対応で気分がpositiveになった。
ANAのキャプテンによると、台風と前線の影響で鹿児島が悪天候のため着陸ができない可能性があるらしかった。鹿児島は空港周辺の地形のためか着陸時によく揺れる。以前、何度か着陸をやり直したことがあったなぁ。しかしながらキャプテンの腕が良かったのか揺れてる時間が最小限で無事に鹿児島に到着。去年、台風に向かって沖縄から帰ってきたときのJetStarの方がずっとガタガタガタガタ、って揺れてて怖かったわ。
空港ホテルの送迎車が丁度いたので乗せてもらって雨にぬれずに済んだ。
フロントで万が一翌日の奄美行のフライトが欠航になった場合、もう1泊できるか聞いたら「お部屋は押さえておきます。明日、欠航しなかったら空港からキャンセルの電話をください」とここでも神対応のホテルマンさん、ありがとうございました。
翌朝、奄美行は条件付きで就航。ただし、午後便は欠航が決まっていた。鹿児島は雨で離陸してからちょっとの間揺れたけれどその後は順調で奄美着陸時は揺れなかった。しかも晴れてた。
奄美空港.JPG
奄美到着.JPG

結局、予定通りに奄美に入ることができた。しかもお天気がよい。風はこの時は大したことがなかったし。Lucky! 
と思ったけれど、倉崎に行ってみたらすごい南風。立ってられないし砂が舞って体に当たって目に入ってイタタタタタ!!
水面は風波が立ってるし浅場はニゴニゴで透視度0。見えるところまで水面移動。
エキジットの時はうねりがすごくてゴロゴロゴロ、って打ち上げられちゃった。
その時にBCのポケットの中に大量に細かい石が大量に入って取り除くのが大変だったわ。
倉崎.JPG

クサイロモ.JPG
ウサギモ.JPG

キイロサンゴ.JPG

ハマクマ.JPG
ニセアカホシ.JPG

トンガリ4.JPG

ヤハズハゼ.JPG

風の当たらない内湾があるから奄美は素晴らしい。午後から台風の影響が出る予報だったので続けて2本潜った。
次のポイントは水面がやや波立くらいでうねりはない。透明度は内湾だから良くないけど仕方ない。

カゲロウ.JPG

ハラマキペア.JPG
ハラマキ♂.JPG
ハラマキ♀.JPG
トンガリ3.JPG

タテジマカワハギ.JPG
ヤスジ.JPG
シリキ.JPG

イソギンチャクエビ.JPG

ミヤコイシモチ.JPG

ニセクロホシフエダイ.JPG

お昼は自家製のパン。美味しかった。またしてもたくさん買ってしまったが食べちゃった。
台風の影響で鹿児島から物資を運んでいるフェリーが欠航していて、スーパーから牛乳など日配品が消えているらしい。屋久島や沖縄の離島だけかと思ったら奄美なんて大きな島でも飛行機で運ばないなんてびっくり。早くフェリーがでないとパンを作る材料もなくなっちゃうって。

早くダイビングが終わったのでハートロックに行こうと思ったら南側はすごいうねりと潮が満ちてきていて砂浜を歩けず断念。アイスクリーム屋さんに寄って帰った。
ラフォンテ.JPG

マンゴーとバナベリーのダブル。
ばなべりーウサギモ.JPG

翌日曜日は晴れると思ったらずっと雨が降ったり止んだりすっきりしないお天気。台風は大隅半島に上陸して北東に進み、宿毛に再上陸していた。
南側はうねりがすごくて入れずまた内湾。風は前日ほどではないけれど雨水が入って透明度が良くない。

ニシキテグリ.JPG

ライデン.JPG
フシウデ.JPG

フタホシ.JPG
ナデシコ.JPG
こじか.JPG
クロスジ.JPG
イロワケガラス.JPG

コレチカ.JPG
オバケインコ.JPG
ヒレフリサンカク.JPG
ヒメクロイト.JPG
コモンヤツシ.JPG

エリホシ2.JPG
チゴベニ.JPG

ダンダラ.JPG
ナミ.JPG
クロリボン.JPG

ネオンテトラ.JPG
ヒレナガハギ.JPG

この日も続けて潜ってお昼は食べに行きましょう、と豆腐屋さんへ。
高野.JPG

豆乳と湯豆腐は食べ放題だった。
湯豆腐豆乳.JPG
美味しかった!豆腐は美容によいしいくらでも食べられる。
週替わりは揚げナスはさみ揚げ。
豆腐メニュー.JPG
揚げナス.JPG

今回もさとの家さんにお泊り。土曜日の笠利湾は穏やかだった。
土曜日笠利湾.JPG

台風でキャンセルがあったようだけえどほぼ満室。
バニラエアが成田と関空から飛んでくるからお客さんが増えてるんだって。

土曜日ゆう.JPG

土曜日夕食.JPG
日曜日.JPG

月曜日朝.JPG

月曜日の朝は晴れていた。
月曜日笠利湾.JPG

帰る日、朝ご飯の後にハートロックに行ってみた。朝だから引き潮でうねりも弱くなっていた。
すでにファミリーが写真撮りに来ていて場所がわかった。
彼らがいなくなるのを待つ間、タイドプールを覗いてみたけれど魚がみつからない。
あ!いた!と思っても近づけない。
オヤチャッピー.JPG
スズメ.JPG
ネズスズメ.JPG
クサギンポ.JPG
ミドリガイ.JPG

ハートロックって思っていたより小さくて上から見ないとわからない。水面に空を映して撮りましょう、と思ったけれど横から撮るとハートに見えない。難しいわ。
ハートロック.JPG

そうこうしているうちに人がどんどん集まってきて賑やかになり退散。
あたしに幸運が訪れるかしら?

今回、帰りの鹿児島から名古屋へフライトをJetStarにしようと思っていたんだけど、ぐずぐずしていたらドンドン値段が上昇していってやめやめ。ANAの最終便の方が安かったので最終的にそれにしちゃったんだ。鹿児島・奄美はマイレージで取っていてJetStarに乗り継げるお昼の奄美発を取って後で変更しよう、と考えていたら連休だったからかANAの最終便に決めたときにはもうマイレージで取れる席がなく、つまり変更ができず鹿児島で6時間待ち。じゃあ、温泉にでも行こうか、調べていたら空港から霧島が近いということがわかった。そしたら霧島神宮が観光ポイントとしてヒットして神様に呼ばれてる気がしてきて霧島神宮に行くことにした。
奄美を出る飛行機が台風の影響で1時間も遅れてもうだめかと思ったけど霧島に行くバスにギリギリ間に合った。
1日乗車券を買う窓口でおじさんが「先にバスの前に行っていて、切符を持って行きますから」って親切だったわ。

霧島温泉郷で乗換。硫黄のにおいがして煙がもくもく出てた。
霧島温泉郷.JPG
霧島温泉郷.JPG

霧島神宮はお伊勢さんとはまったく趣が違っていた。
世界平和とみんなの健康を祈って二礼パンパン二拍一礼。
さざれ石.JPG
霧島神宮2.JPG
霧島神宮3.JPG
霧島神宮4.JPG
霧島神宮本宮.JPG
霧島神宮本殿.JPG
霧島神宮1.JPG

帰りのバスを待つ間、丸尾の滝に行ってみた。
丸尾の滝.JPG

霧島神宮まで行って帰ってきただけだった。次回は日帰り温泉350円も行こうかな。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -